医師・研修医募集【大阪府八尾市】− 八尾徳洲会総合病院

ホーム > 初期研修 > 先輩研修医の声

先輩研修医の声

平成28年度 1年次研修医 友池 力
 自らが理想とする医師になるために初期研修で何を学ぶべきか。
人それぞれではありますが、救急の初期対応や全科の基礎知識を学べるのはこの2年間しかありません。 八尾徳洲会総合病院は豊富な症例数に恵まれ、救急の反復学習には最適であり、僻地研修を含め満遍なく各科で学習できるためジェネラリズムを持った医師になる事が求められる今日の時代に必要な要素が詰まっている病院です。
 年間を通したER当直では必ずファーストタッチを研修医が行い上級医のサポートの元、最後まで診療します。
上級医や各診療科との壁の薄さから、日常的に気軽に質問や意見交換ができ、学ぶ意欲に合わせてどんどん知識を吸収することができます。
 初期研修の2年間は短いですが、過ごす環境や考え方次第で無限に成長できる期間です。
私自身、日々の成長を実感し八尾徳洲会総合病院での研修を非常に有意義であると感じております。

平成27年度 1年次研修医 原田 彩奈
 私は初期研修の間に医師としての基礎部分である総合力を身につけたいと思い、研修先としてこの病院を選びました。将来どの診療科に進んだとしても発熱や頭痛、腹痛などの症状には必ず遭遇するため、その時にしっかりと初期対応を行い、必要ならば適切な医師や専門機関へコンサルトできる力が医師として不可欠だと考えるからです。
 当院は経験できる症例数が多く、また2年間を通してER当直に入るため様々な分野の症例を診ることが出来ます。ER当直では初期研修医がファーストタッチを行い、診断、治療に至るまでの全てを主導的に行うことが出来ます。もちろん様々な診療科の経験豊富な上級医やコメディカルが当直してくださっているので、バックアップ体制はしっかりしており恵まれた環境の中で研修することが出来ます。
 これからの長い医師生活の中で様々な診療科の症例を経験できるのは初期研修のたった2年間であり、医師としての骨格を形成する大切な時期です。当院は様々な症例を繰り返し経験でき、また上級医から様々なことを学べる機会が多い魅力的な病院だと思います。

平成26年度 1年次研修医 三宅 龍太
 初期研修医の2年間でまず身につけるべきは医師としての基礎体力であり、専門的な知識や特殊技術の習得は後期研修で望むべきでしょう。例えればスポーツや音楽と同じく基礎練習を反復して行うことが重要であり、ここ八尾徳洲会総合病院にはそのための環境が整っていると感じたことが、私がこの病院で初期研修をしようと決めた大きな理由です。  当院の研修の最大の魅力であり一番の特徴は研修2年間を通じて経験豊かな上級医とER当直に入ることです。そこでは一次、二次救急の初期対応のみならず非専門疾患の重症度判断を学ぶことができます。私たち初期研修医がファーストタッチを行い、上級医の指導の下判断を下し、そして定期的なERカンファレンスで症例の振り返りを行いフィードバックをいただくことが可能です。内科研修ではERから入院になった方を退院まで受け持ち、毎朝のショートプレゼン、週一回の内科カンファレンスでフルプレゼンテーションを行います。さらに内科研修中週2回の英語でのケースカンファレンスや学会発表を上級医の指導のもとで行うことが出来ます。

 自分が将来どの診療科に進むにしても、発熱や頭痛、めまいといった症状には必ず遭遇します。その際に医師として必要なことは患者さんの予後の予測、状態のアセスメント、重症度の判断、的確な初期対応、適切な医師や専門機関へのコンサルトができるかです。当院は専門医の道へ進む前の2年間で徹底的にこれらを反復練習する機会がある病院です。

平成25年度 1年次研修医 田上 雄大
 私がこの病院を選んだ理由は、やはり経験できる症例数の多さが一番の理由です。そして、各科当直や各コメディカル当直が常にいるというERのバックアップ体制もしっかりしているということが魅力でした。働き始めてまだ一年目ですが、始めに抱いた期待通りの研修ができていると感じています。もちろん大変だと感じることも決して少なくありません。ですが、日々の課題を一つ一つ乗り越えてきたことで、自信とまではまだまだいかないまでも少しずつ自分でできることが増えてきているような実感を持てるようになっています。

 また、各科での研修も救急病院ならではの充実度があります。常に救急疾患をうけいれているため、緊急疾患や手術疾患についての治療について各科研修でき、そこで学んだことが改めてERの初期判断・初期治療に有効活用できるという良いサイクルができているように思います。初期研修は2年という短い期間ですが、非常に学ぶことが多く学ばせてもらえる機会が多い当院での研修が非常に有意義であると感じています。

ページの先頭へ戻る

初期研修

応募する

お問合せ

後期研修について

新専門医制度について