医師・研修医募集【大阪府八尾市】− 八尾徳洲会総合病院

ホーム > 初期研修

初期臨床研修を目指す皆様へ

八尾徳洲会総合病院ではプライマリ・ケアと救急医療を中心に、スーパーローテート方式を取り入れ、総合的な臨床能力をもった医師の育成を目指しています。

地域保健研修では、老人保健施設・クリニック、離島僻地研修がプログラムに入っており、より幅広いプライマリ・ケア研修ができることが特長です。

病院創立と共に実地訓練(エマージェンシー・ケアとプライマリ・ケア)を主体としてスーパーローテート方式を取り入れ、医師として必要な幅広い基礎知識、基礎技術の習得を目標としています。

理念

医療人としての良識と確かな技術の習得を促すために、救急および総合診療を基盤とし、その他の医療・保健施設の協力や患者様の意見を柔軟に取り込める開かれた臨床研修病院を目指す。



基本方針

1.電子教材の導入や他施設からの医師を招いてのカンファレンスなど、多彩なカリキュラムの企画・運営を行う。
2 .地域の医療・保健機関や僻地・離島の病院施設と密接な連携をとり、より多様で総合的な教育を目指す。



研修体制

指導医・上級医の下で2年間のローテート研修を行い、数多くの症例を経験することで、総合的な臨床能力を養うことを目的としています。研修環境について討議できる場を設け、指導医・ 研修医双方が主体的に研修環境の改善に取り組めるような雰囲気作りを心掛けています。また、研修医と指導医・上級医間で相互評価を行い、互いに成長できるシステムとして機能 するように配慮しています。



研修の特徴

外部講師を招いた特別カンファレンスに加え、勉強会・研修にも力を入れています。 また、指導医講習会などへ派遣も積極的に行い、指導体制の整備にも真摯に取り組んで います。
看護師・コメディカルなどとの交流する機会として、院内のイベントに積極的に参加するよう 促し、チーム医療の充実に心掛けています。



新着情報

ページの先頭へ戻る

初期研修

応募する

お問合せ

後期研修について