医師・研修医募集【大阪府八尾市】− 八尾徳洲会総合病院

ホーム > 新専門医制度への取り組みについて > 内科

内科

幅広い多種多様な疾患群を研修可能

総合内科をはじめ、循環器内科、消化器内科、呼吸器内科での研修を主軸として腫瘍内科や内分泌内科、神経内科などの経験が可能です。地域中核病院の役割として担当する患者はこれらの枠にとらわれること無く診療が可能であり、バックアップ体制も充実!!

病院群全体での年間入院症例数(2015年度)

(科目)
総合内科
消化器
循環器
内分泌
代謝
腎臓
(症例数)
1,023
1,334
1,892
67
208
672
呼吸器
血液
神経
アレルギー
膠原病
感染症
救急
1,959
100
345
100
36
264
2,301

熱血指導医の下、万全のバックアップ体制

当プログラム病院群に在籍する専門研修指導医は56名、院内では総合内科専門医7名、消化器病専門医6名、呼吸器専門医3名、神経内科専門医2名、血液、糖尿病、内分泌代謝科専門医各1名の手厚い指導体制です。 また、当院では初期臨床研修において研修管理員会が初期研修医のフォローを行っており、高い満足度を得ています。当内科専門研修プログラムにおいてもこのノウハウを用いて専攻医をバックアップ致します。

他施設との連携

連携施設

大阪市立大学医学部付属病院 大阪府大阪市
松原徳洲会病院 大阪府松原市
野崎徳洲会病院 大阪府大東市
岸和田徳洲会病院 大阪府岸和田市
宇治徳洲会病院 京都府宇治市
神戸徳洲会病院 兵庫県神戸市
吹田徳洲会病院 大阪府吹田市
(特)徳之島徳洲会病院 鹿児島県大島郡
(特)千里丘協立診療所 大阪府摂津市

(特)特別連携施設

連携施設として参加しているプログラム

専門研修プログラム

内科専門研修プログラム(詳細はクリック)
※プログラム内容は都道府県協議会での協議、日本専門医機構の二次審査を踏まえて内容の変更・修正となる可能性があります




ページの先頭へ戻る

新専門医制度

お問合せ

初期研修について

後期研修について

新専門医制度について