医師・研修医募集【大阪府八尾市】− 八尾徳洲会総合病院

ホーム > 後期研修 > 各科プログラム > 家庭医療 後期研修プログラム

家庭医療 後期研修プログラム

研修目標

総合的な臨床能力をもった医師の育成を目指す。幅広い医療活動を通じて患者中心に動き、患者の痛み、悲しみ、苦しみを理解できる医師を育成する。患者の持つ問題点を身体的、精神的、社会的な背景も含めて理解し解決へ導く方法を学び実践できる研修を目指す。

研修概要

徳洲会の理念である「生命を安心して預けられる病院」「健康と生活を守る病院」を柱に24時間の救急医療、高度先進医療、在宅医療、予防医療等の多機能的な医療を実践し、大阪東部地区(人口約100万人)の基幹病院として地域医療を実践している。 また、徳洲会グループのスケールメリットを活かし、離島僻地医療の経験ができる。 グループ施設内でのローテーションを基本とし、救急医療、全人的医療を理念とし実践する。指導医や上級医のもとで研修することにより医療スタッフや初期研修医に対してもロールモデルになりうる様な研修を目指す。 また、総合診療専門研修Tでは在宅療養支援診療所での研修を実施し、近隣の提携医療機関や訪問看護ステーション、医療サービス、介護サービス等と連携を取りながら訪問診療や往診を経験します。

ページの先頭へ戻る

後期研修

応募する

お問合せ

初期研修について